FC2ブログ
--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017-08-18

「ありのままの私」



女性装をして、本来の自分となられたそう。なによりです。

ご両親との関係について、つい「そうかなー」と思うことあり。

子供の頃、「そんな弱虫では、兵隊にいけないぞ!」と親に脅され、後年離婚の過程でそのことを親に言ったら「そんなこと言っていない」と返されたそうで、「ええかげんにせいっ!」と憤っていらっしゃる。(そもそもこの方、DVの配偶者との離婚の際にご両親に助けを求めたらしい。ちょっと驚いた。そうとうべったりだったのでは。)

記憶って当人の都合次第だから、何が正しいとは言えない。なぜか勝手に切り取って記憶していたりする。アドラーの本にも、子供の頃犬に噛まれた人の例が出ていますね。

この著者の場合も、いろいろ紐解いていったら全然違う記憶が出てくるだろうと思う。
それには内観療法もいいと思う。
手軽なところでは苫米地英人の本もおすすめ。脳機能について理解できる。

こういう意見は当事者は絶対に受け付けない。見たくない、聞きたくない、理解したくない。
でもいい年して親との関係が悪い人ってなんだかなーと思うのだ。
自分もそういう時期が長かったら、ついついおせっかい。

最近は「毒親」という言葉が流行っているけれど、もういっそ親は毒親で当たり前、それが親の役目、とすら思えてきた(笑)。親にしても言いたいことは山ほどあろう。一生懸命育てたのに足蹴にされて。

20歳過ぎたらいろいろ親のせいにするのやめようよ。
「こうしてほしかった」ということは自分で自分にしてあげよう。
ついでに親にもしてあげちゃえ。

自分のゴールを見つけて未来に向かって自立しよう。




スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

えみえみ

Author:えみえみ
パーソナルコーチ 、研修コーチ
国際コーチ連盟ACC
米国NLP(TM)協会認定NLP(TM)マスタープラクティショナー
モンテッソーリ教育、アドラー心理学、ブレインジム、フォーカシング

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
FC2カウンター
おすすめリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。