FC2ブログ
--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017-04-02

ひもトレ

ひもトレ、というのがありまして。



私がそれを知ったのは雑誌「anan」の「カラダにいいもの大賞」。
雑誌はめったに読まないんだけど、たまたま知り合いの記事が載ったことを知ったので、そしてたまたま立ち読みじゃなく買ったのがご縁。

その前段階として、①首と肩と腕が痛い(毎日の荷物が多くて重いから)、②昔からある「襷掛け」がいいらしいので気になっている、という二つの要素があった。そこにちょうど当てはまったのがひもトレだったのだ。引き寄せました。

早速ひもを巻いてみてびっくり。それまで整体に通っていたものの取れなかった痛みがあっさり取れた。首の可動域が広がった。それで早速講習にも参加。ますます変化を感じて面白かった。

しかもこのひもトレの良いところは、①高額な受講料を取らない、②偉そうな認定試験なし、③ゴール設定不要、④派閥も流派もなし、⑤海外から講師を呼ぶ必要もない。ただ巻くだけ(置くだけだったり、持つだけだったりもする)。あとは自分で自分の心地よいように調整するのみ。自分主体。

そして何よりも日本の文化が生きている(だから海外から講師を呼ぶ必要もない)。特に敗戦後に多分意図的に排除された日本の文化が蘇る。

そして昨日と今日参加した「ひもトレ祭」では、いわゆる障害児、高齢者の認知症、中高校生の怪我、そして何より私の一番の興味関心である子どもの発達発育の事例がいろいろと紹介された。

もちろんモンテッソーリ教育が私の希望としては基本中の基本ではあるのだけれど、それが叶わなかった子どもたちの選択肢の一つとしてひもトレがある。

1本のひもだけで、こんなに身体が変わる(場合によってはひもはたくさん使う)。これはもうやるしかないでしょう。これを使わない治療家はただの無知か、自信がない人。つまり「ひもで改善しちゃったら自分の存在価値がなくなる」と思う器の小さい人間。

そうじゃないんだな。専門知識を持った上でひもを使うと効果倍増。素人にはわからないことが起こる。それが今日発表された先生方の素晴らしさ。

ちなみに私の身に起こった効果としては、前述の首、肩、腕の改善の他に、「噛み締め」の改善。私は「怒り」が強いので(笑)、寝ている間に歯を噛みしめる癖がある。それで歯が崩壊する。マウスピースを作ったけれど、これを嵌めて寝るのは不快。それで頭と顔にひもを巻いて寝る様にしてみたら、歯を噛みしめるどころか口を開けて寝ていることに気づいた!(それはそれで口呼吸になるとまずいのだけれど、ちゃんと舌は上についていて鼻呼吸) 驚いた〜。

あとはゴム紐を除去すること。
とにかく本来の日本式にすればよいのだ。
着物生活になる日も近いな。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

えみえみ

Author:えみえみ
パーソナルコーチ 、研修コーチ
国際コーチ連盟ACC
米国NLP(TM)協会認定NLP(TM)マスタープラクティショナー
モンテッソーリ教育、アドラー心理学、ブレインジム、フォーカシング

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
FC2カウンター
おすすめリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。