FC2ブログ
2016-01-26

罪とは

「モンテクリスト伯」を読んで、この作者の思う「罪」とは何だろうと考えた。

おそらく「嘘」なんだろうと思う。
「嘘」をつくことが罪。
ただし母親が子のために周囲をたぶらかすことには寛大な著者。
そこには母性愛があるからだ、と。
つまり根底にはまず「愛」が必要なのね。

で、「嘘」について。
内観でも「盗みと嘘」について調べることがある。
私にとってはこれがすごい体験となった。

「嘘」というのは、つけばつくほど鈍感になる。

というか、一度嘘をつくと、それを本当のことにするためにまた嘘をつくことになり、どんどん嘘を重ねることになる。そして「そもそも何が本当だったか」が、もはやわからなくなるのである。

それは他人に対してもそうだし、恐ろしいことに自分に対してもそうなのだ!

集中内観で、いかに自分が自分に対して嘘をつき続けてきたかを思い出し、愕然としたのであった。

これは罪だと思う。
自分に対する罪、人生に対する罪、そして何よりも自分に関わった人に対する罪。

キリスト教(「モンテクリスト伯」の世界)と仏教(=内観法)の違いはあれど、罪に関しては私の中では繋がったのであった。南無アーメン。








スポンサーサイト



プロフィール

えみえみ

Author:えみえみ
パーソナルコーチ 、研修コーチ
国際コーチ連盟ACC
米国NLP(TM)協会認定NLP(TM)マスタープラクティショナー
モンテッソーリ教育、アドラー心理学、ブレインジム、フォーカシング

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
FC2カウンター
おすすめリンク