FC2ブログ
2016-01-25

人はなぜ自分の話をしたがるのか

多くの人は、自分の話をしたがる。誰かが話題を振ってもすぐに自分の話にすり替えちゃう。

なんででしょう?

よく言われるのが「自分のことを知ってほしいから」ということ。
自己顕示欲が強い。
認められたい、承認されたいという欲求。

でも本当にそうかな?
目の前の人に自分のことを知ってほしいのかな?
誰にでも知ってほしいのかな?
正しく理解してほしいのかな?
「すごいね」って言われたいだけなのかな?

最近ふと思ったこと。
「自分のことを知ってほしい相手」は他人ではなくて「自分自身」なのではないか?

つまり、自分で自分のことをよく知りたいから、自分の話を相手構わずするんじゃないか。

誰かに話すことによってなにかしらのフィードバックを受ける。
それが自分で自分を知ることの手がかりになる。
その手がかりをたくさんほしくて、自分のことを話題にする。

自分のことばかり話題にする人は、「自分探求者」なのかもね。

また、多くの人は、自分の話ばかりする人を嫌う。
これもなぜなんだろうか。

自分が話せなくなるからかな?
つまり、本当は自分のことが話したくて仕方ないのに、その機会を奪われているから?

あくまでも仮説。これから検証を重ねていく(笑)。

一番いいのは内観や瞑想で、一人静かに自分自身を知ることかも。

にぎやかな飲み会の後で思ったことであった。

スポンサーサイト



プロフィール

えみえみ

Author:えみえみ
パーソナルコーチ 、研修コーチ
国際コーチ連盟ACC
米国NLP(TM)協会認定NLP(TM)マスタープラクティショナー
モンテッソーリ教育、アドラー心理学、ブレインジム、フォーカシング

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
FC2カウンター
おすすめリンク