FC2ブログ
2013-08-17

「反省させると犯罪者になります」

反省させると犯罪者になります (新潮新書)反省させると犯罪者になります (新潮新書)
(2013/05/17)
岡本 茂樹

商品詳細を見る



以前、小学校だかのセンセイ(おまけにコーチですって!)が「いじめっ子をいかに反省させたか」の顛末を得々と話すのを聞いて、「その子たち反省したフリは上手に演じているけど絶対に反省していないし、それどころかアンタへの復讐を考えてるよ」と思った(し、言った)。

世の中にいじめられっ子をケアする本は多かれど、いじめっ子をケアする本は少ない。たまにあっても上記のセンセイのように的外れも甚だしい対応ばかり。その中で、この本はちょっと良い感じ。

タイトルは「犯罪者」と過激だけれど、普通の子育てや教育にも言及していて役立つと思う。
CAP(子どもへの暴力防止)によく似たことが書かれていたので調べたら、著者の研究キーワードに「子ども支援」ともあったので、もしかしたら関わっていらっしゃるのかも。

さて、私が「へえ!」と思ったこと。

受刑者にとって、出所後に絶対にあってはならないことは再犯です。再犯しないためには、「二度と事件を起こしません」と固い決意をすることよりも(固い決意も必要ですが)、何より人に頼って生きていく生き方を身につけることです。そのことだけでも理解できたら、再犯しない可能性が高まります。
人に頼って生きていくことができれば、彼らは「人」の存在の重要性に気づくことが期待できます。そのとき、自分が殺害した被害者の「命の重み」にも思いが至ります。


つまり人に頼れない人が犯罪者になることが多いってことか?

「頑張る」子育ては、「しっかりした子どもに育てよう」という意識と容易に結びつきます。そして「しっかりしとした子ども」とは、「我慢できること」「一人で頑張ること」「弱音を吐かないこと」「人に迷惑をかけないこと」のできる子どもを育てるパターンになりがちです。(中略)しかしこれらの価値観は、子どもに(大人にとっても)生き辛さを与える側面があることに気づいている人は少ないでしょう。「我慢できること」は、見方を変えれば、「自分の気持ちを出さ(せ)ないこと」になります。そうするとストレスがたまっていき。爆発(犯罪か心の病気)を引き起こすことになります。
また、我慢をすることは、「人に頼らない態度」を身に付けることになり、他者との間に良い人間関係を築けなくなります。(中略)人に頼らないで弱音を吐かずに一人で頑張ることを人は賞賛しがちですが、実は犯罪者の中には人に頼らない生き方をしてきた結果、自分に無理をして(強がって)犯罪を起こしたものが多くいます。本当は寂しくて苦しいのに、それを言うと「恥ずかしい」とか「格好悪い」と考えて、逆に強がって生きてきたのです。犯罪者になる人は、強い自分を見せることで、人に承認されていると考えます。したがって、弱い自分を出すことは「絶対に許されない」と思い込んでいます。そして、弱い自分を出すことで、人が離れていくと考えています。彼らの心の奥底には、人が自分から離れていくという恐怖感が常にあるのです。孤独になること、言いかえれば、愛されなくなることを最も恐れるのです。


世の男性の多くはこうなんじゃない?

「我慢できること」という価値観を強く刷り込まれた者は、「我慢できない人」を見ると、その人の我慢できない態度が許せなくなります。「一人で頑張ること」が大切だとたたき込まれた者は、「一人で頑張れず途中であきらめてしまう人」や「他者にすぐに助けを求める人」を目にするとイライラします。「弱音を吐いてはいけない」と言われた者は、すぐに泣きごとを言う人を許せなくなります。「人に迷惑をかけないこと」が当たり前と思っている人は、「人に迷惑をかけられる人(=人に甘えられる人)」を見ると、腹が立ってくるのです。相手に対して抱く不快感は、自分の心に植え付けられた価値観が原因となっているのです。
自分のなかに、正しいと思って刷り込まれた価値観が多ければ多いほど、他者に対して「許せない部分」が増えていきます。そうすると他者との間で良い人間関係が築けないどころか、いじめにまで発展していく場合があるのです。



で、どいしたらいいいのか、というのは自分の内面をしっかり見つめましょう、ということ。でも著者は「内観療法」には懐疑的。それもなるほど納得。

最近いろいろ読んだり考えたりするに、「ビリーフ」「思い込み」「刷り込み」の力は、良しにつけ悪しきにつけ莫大だということ。改めて自分の中にあるビリーフを深く探っていく作業をしたいなー。

スポンサーサイト
プロフィール

えみえみ

Author:えみえみ
パーソナルコーチ 、研修コーチ
国際コーチ連盟ACC
米国NLP(TM)協会認定NLP(TM)マスタープラクティショナー
モンテッソーリ教育、アドラー心理学、ブレインジム、フォーカシング

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
FC2カウンター
おすすめリンク