FC2ブログ
2011-02-16

「まっくらな中での対話」

まっくらな中での対話 (講談社文庫)まっくらな中での対話 (講談社文庫)
(2011/01/14)
茂木健一郎 with ダイアログ・イン・ザ・ダーク

商品詳細を見る


以前ここにも書いた「ダイアログ・イン・ザ・ダーク」について、脳科学者の茂木健一郎が、関係者と対談や座談をしている本です。

あの完全なる暗闇を作るのはやっぱり大変だったのね!とか、目が見えない文化ってなんかすごいな、とかいろいろ知ることが多い本です。

しかし一番私にとって印象的な話は、直接このダイアログ・イン・ザ・ダークとは関係ないのですが、サウジアラビアでイスラム教に改宗してヒジャブを身にまとうようになったイギリス人女性の話です。ヒジャブを被ると顔が一切見えません。彼女はそれで、これまでいかに自分が「外見で人を判断し、そしてまた自分も判断されてきたか」に気づいたそうです。

ときどき「この人、魂だけになっちゃったら何にも考えることがなくなるんじゃないの?」と思うくらい外見のことにしか興味がなさそうな人がいませんか。また、そういう時期もあるかもしれません。それを考えると一番多感な中高生のころって、ヒジャブを被るのもいいような気もしました。いや、その時期特有のロリータのような美しい少女が見られなくなったら残念だし、文学的にも寂しくなってしまうかも。まあ、こんなことを心配する必要はないのだけれど。

それはさておき、せっかく見える世界にいるのだからもっと意識的に見てみよう、と改めて思った次第です。

スポンサーサイト



プロフィール

えみえみ

Author:えみえみ
パーソナルコーチ 、研修コーチ
国際コーチ連盟ACC
米国NLP(TM)協会認定NLP(TM)マスタープラクティショナー
モンテッソーリ教育、アドラー心理学、ブレインジム、フォーカシング

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
FC2カウンター
おすすめリンク