FC2ブログ
--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-02-26

「葉問 序章」&「葉問」

待望の映画「葉問 序章」を観てきました。

先に公開された「葉問」の前の話です。歴史的に日本人がとんでもない役回りなのですが、葉問(イップ・マン:人名です)の人格と技のすばらしさ満載映画です。

「他人のことも自分と同じように大切にすること。それが儒教の「仁」の教え」

「人は誰でも自分の道を決めるときが来る」

(妻を恐れているのだろうと揶揄されて)「恐れているのではない。大切にしているのだ」

私の脳内変換でだいぶ言葉が違っていると思うのですが、これらが印象に残った言葉です。
人としての誇りを持ち、家族を愛し、足るを知る。
そして守る者のために戦うべきときは戦う。(そして勝つ!)
もう本当に、これぞ理想の人格!という感じです。
私も葉問のように生きる!

葉問のすばらしさは、仮に本があってもそれだけでは伝えきれないでしょう。身体の動きは、その経験のない人には言葉だけではどうしても伝わらないものだと思うので。

そして甄子丹(ドニー・イェン)とい役者なくしては、ここまでの感動はなかったに違いありません。

この役は成龍(ジャキー・チェン)、李連杰(ジェット・リー)や梁朝偉(トニー・レオン)も候補にあがっていたようですが、私としては甄子丹で大正解の配役だったと思います。

武術をするしないにかかわらず、「男」に観てほしい映画です!



スポンサーサイト
プロフィール

えみえみ

Author:えみえみ
パーソナルコーチ 、研修コーチ
国際コーチ連盟ACC
米国NLP(TM)協会認定NLP(TM)マスタープラクティショナー
モンテッソーリ教育、アドラー心理学、ブレインジム、フォーカシング

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
FC2カウンター
おすすめリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。