FC2ブログ
2011-01-21

「ことばと思考」

ことばと思考 (岩波新書)ことばと思考 (岩波新書)
(2010/10/21)
今井 むつみ

商品詳細を見る


「言葉が使えないと考えることができない」と、ある本を読んでいるときに知ってびっくり。そう言われてみればそうだ! というか言われるまで考えたこともなかった自分に呆然…。

でもそうなると、語彙を豊富に知っていたらたくさん考えられるのだろうか。言葉を獲得していない赤ん坊は考えることができないのだろうか。幼児期の記憶も言葉を獲得してからだろうか(たしかフロイトの説は違ったと思いますが)、などなど、溶けない飴をたまーに口の中で転がすように思いめぐらしていました。

そういった私のナゾとは微妙に異なりますが、この本にはとても興味深いいくつもの研究について書かれています。言葉によって考えることができるのだけれど、逆に言葉に縛られて見え方が違ってしまうこともあるとか、言語情報が記憶をも操作してしまうとか。記憶については心理学系で最近読んだ数種類の本でも紹介されていましたが、本当に面白いし、恐ろしくもあります。

中学生で初めて外国語に触れたとき、日本語との思考回路の違いがとっても刺激的で、将来はいろいろな外国語を習得するんだ!思ったものでした。そんなワクワク感がよみがえってきました。一つの外国語でさえ挫折するとは、あの頃の自分は想像できまい(笑)。

そんな苦い思いもしつつ、言葉はもちろん大事だけれど、捕らわれすぎて視野が狭くならないようにしなくちゃね、という柔軟な気持ちにさせてもらえる本でした。

スポンサーサイト



プロフィール

えみえみ

Author:えみえみ
パーソナルコーチ 、研修コーチ
国際コーチ連盟ACC
米国NLP(TM)協会認定NLP(TM)マスタープラクティショナー
モンテッソーリ教育、アドラー心理学、ブレインジム、フォーカシング

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
FC2カウンター
おすすめリンク