FC2ブログ
2010-11-06

「迷いの晴れる時間術」

迷いの晴れる時間術迷いの晴れる時間術
(2009/07)
フィリップ ジンバルドジョン ボイド

商品詳細を見る


時間のとらえ方で人生が変わる―たしかに!

私の場合「今さえよければ!」の「現在快楽型」なので、宿題はないことにして遊ぶ、というのが基本姿勢。だから大人になっていろいろと弊害が多いのです。

かのイチロー選手は子どもたちに伝えることばとして「宿題をきちんとやりなさい」と言いました(たしか何かの本にあったと思います)。それは「大人になっていやでもやらなければいけないことのための訓練」とかなんとかあったような。

こういう一流の人はきちんと未来を見据えて、そのためには目先の快楽も我慢するわけです。

有名な心理学のマシュマロの実験、私は大人の今でさえ、我慢できずに食べそう…(もっともマシュマロのような甘いものならそもそも食べないけど)。

私はこの本のおかげで、自分が馬鹿な理由がよ~くわかりました! で、どうしたら頭がよくなるかというと、目の前のマシュマロを我慢して、将来のためにやるべきことをやるのです。あー難しい(>_<)。


スポンサーサイト



プロフィール

えみえみ

Author:えみえみ
パーソナルコーチ 、研修コーチ
国際コーチ連盟ACC
米国NLP(TM)協会認定NLP(TM)マスタープラクティショナー
モンテッソーリ教育、アドラー心理学、ブレインジム、フォーカシング

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
FC2カウンター
おすすめリンク