FC2ブログ
2010-09-09

「入門!システム思考」

以前、池澤夏樹のエッセイで読んだ忘れられない内容があります。

どこかの運送会社で、車を離れるときに必ずエンジンを切ること、という規則が徹底できないでいたのだけれど、車のキーと服をロープで結び付けるしくみにすることによって、必然的に車を離れるときはエンジンを切らざるを得なくなった。こうして規則は100%守られるようになった。規則で動かないときは仕組みそのものを変えればいい。

こんなような内容でした。そのときはもう目からうろこ!そうか!守らない人が悪いんじゃなくて仕組み次第なんだ!すっごく希望に満ちた気分でした。

その後、何かうまくいかないことがあると仕組みを工夫して楽しんでいます。こういう創意工夫は大好き♪

この「入門!システム思考」はまさにその仕組みを作るシステム思考についての入門書です。

入門! システム思考 (講談社現代新書)入門! システム思考 (講談社現代新書)
(2007/06/21)
枝廣 淳子内藤 耕

商品詳細を見る


私としてはもっと実践的な例があったら嬉しいところでしたが、入門書としては楽しめると思います。

今回一番印象に残ったのは「マネジメントというのは、「管理する」という意味ではなく、120%活かすこと」である。」という言葉です。
managementってどうも日本語訳がかけ離れてしっくりこないけれど、これなら腑に落ちます!
タイムマネジメント、セルフマネジメント、上司が部下をマネジメントすること。120%活かそう!

最後に「システム思考の7カ条」を本書より抜粋。
1.人や状況を責めない、自分を責めない
2.できごとではなく、パターンを見る
3.「このままのパターン」と「望ましいパターン」のギャップを見る
4.パターンを引き起こしている構造(ループ)を見る
5.目の前だけではなく、全体像とつながりを見る
6.働きかけられるポイントをいくつも考える
7.システムの力を利用する

楽しいでしょ♪
スポンサーサイト
プロフィール

えみえみ

Author:えみえみ
パーソナルコーチ 、研修コーチ
国際コーチ連盟ACC
米国NLP(TM)協会認定NLP(TM)マスタープラクティショナー
モンテッソーリ教育、アドラー心理学、ブレインジム、フォーカシング

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
FC2カウンター
おすすめリンク