FC2ブログ
2009-11-03

「THIS IS IT」

マイケル・ジャクソンのコンサートのリハーサルの様子を綴った作品「THIS IS IT」。

MJについては、一大ブームとなった「Thriller」のアルバムを買ってよく聴きました。ほとんどそれっきり。あとは曲も能動的には聴かず、なんの映像も見ず、なんらか媒体から入ってくるゴシップで動向を知るのみでした。で、訃報。それも能動的に知るのみ。なのでこの映画も実はたいして興味があったわけではありません。でもTwitterでフォローしている人たちの間でとても盛り上がっていたので、俄かに興味を持ったのでした。・・・といっても、いくら盛り上がっていても全然その気にならないものもあるのですから、やはり自分の中でも気になっていたのでしょうね。

まず家を出るのが遅くて六本木に着いたのがギリギリ!しかもまさかのvit大行列! ひえ~始まっちゃうよ~、と思ったら親切なスタッフが急ぎ発券してくれました。ありがとう!

そして始まったMJの映像。なんか声って全然昔と変わらないのね。顔は全然違うようだけど。特に鼻。鼻って声に影響しそうですがそんなことはないのかな。
ダンスはさすが。若手のバックダンサーとは全然違う身体のキレ!MJは50歳でしたか。私の師匠である故・伊藤昇先生によれば、ちゃんとした身体の使い方を覚えれば身体のピークは60歳とのことでしたから、それは驚きません。

身体のキレといえば、私の中でのダントツはフラメンコの故アントニオ・ガデス。彼はすごかった!

ともかくこうして身体のキレや動きを保てるのは毎日の習慣としての訓練があってこそのはず。何もしないで60歳がピークというのはありえませんから。習慣が人を作る。尊敬。自分の習慣を見直そうと強く思いました。

こういう一流の人を見ると、人生に希望が持てます。他のダンサーだって、MJと比べずに一般の人と比べたらすごい! 人間の可能性ってすごいな~と思います。それをいかに引き出すか。

人を作るのは環境と習慣。顔を上げてがんばって残りの人生を生きよう。





スポンサーサイト



プロフィール

えみえみ

Author:えみえみ
パーソナルコーチ 、研修コーチ
国際コーチ連盟ACC
米国NLP(TM)協会認定NLP(TM)マスタープラクティショナー
モンテッソーリ教育、アドラー心理学、ブレインジム、フォーカシング

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
FC2カウンター
おすすめリンク