FC2ブログ
2009-11-17

「アリ地獄のような街」

バングラデシュの首都ダッカでアリ地獄のような闇に飲み込まれていくストリートチルドレンを描いた映画アリ地獄のような街を観ました。

映画そのものは人間の醜さ、ずるさ、汚さなどに憤りを覚える内容です。特に警察や裕福な層にむかつく私。むしろ貧しい犯罪者のほうが正直でわかりやすくて潔い。

しかし私が一番興味深かったのは、映画そのものよりも、この映画をみたバングラデシュの人たちの感想です。なんと「見慣れていてあたりまえだと思っていたが、大きな問題だということに気づかされた」というのです! こういうことってあるよな~と深く感心しました。外から指摘されないと気がつかない企業の問題とか、他人から指摘されないとわからない自分の癖や習慣とか。

問題が問題であると気がつけば、おのずと変化が起こるはず。映画というのはすごくよい手段だと思います。その意味でもすばらしい映画です。ぜひバングラデシュで多くの人に観られますように。

ちなみに個人の場合はコーチングが効果的です。本当に変わりたい人に気づきが沢山もたらされますよ。






スポンサーサイト



プロフィール

えみえみ

Author:えみえみ
パーソナルコーチ 、研修コーチ
国際コーチ連盟ACC
米国NLP(TM)協会認定NLP(TM)マスタープラクティショナー
モンテッソーリ教育、アドラー心理学、ブレインジム、フォーカシング

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
FC2カウンター
おすすめリンク