FC2ブログ
2009-09-10

「町工場でロケットを造る」

先日の講演ですっかり大ファンになった植松努さん。残念ながら単独の著作はまだないのですが、「プロは逆境でこそ笑う」のなかの第4章に「町工場でロケットを造る」というタイトルで執筆されています。

本調子II プロは逆境でこそ笑う 成功への糸口が見つかる思考法本調子II プロは逆境でこそ笑う 成功への糸口が見つかる思考法
(2009/04/27)
清水 克衛西田 文郎

商品詳細を見る


いやもう、本当にこの方はすごい。大好き。何が合うのかというと、つぶされかかっている子どもたちへの思いです。そこが私にもとても共感できるのです。

世に「いじめられっ子」をカウンセリングするための本はありますが「いじめっ子」を理解しカウンセリングする本はありません。たまにあっても全然わかってない、ただの理論か思い込みか空想の本。でも植松さんはもっと本質を見ています。いじめっ子にはよくわかります(暴露)。

この方も最初からこんな風に強かったわけではなく、いろいろ悔しい思いをしてきているんですね。でも被害者として生きるのではなく、その経験を糧に、子どもたちに可能性の場を提供しています。すばらしい。

自分がどんなことを悲しいと思ったか、辛いと思ったか、悔しいと思ったか、寂しいと思ったか、そしてそれらをどうやって他人に悟られないように自分を欺いてきたか。そんなことを思い出させてくれます。その当時はこれが生きるために必要な知恵だったのです。賢いな~。

そして植松さんの言葉は、私にとって、殺してしまった感情を呼び戻して認めて、「だったらどうしたい?」と前を向いて生きる真の強さを呼び覚ましてくれるように感じています。感謝です。



スポンサーサイト



プロフィール

えみえみ

Author:えみえみ
パーソナルコーチ 、研修コーチ
国際コーチ連盟ACC
米国NLP(TM)協会認定NLP(TM)マスタープラクティショナー
モンテッソーリ教育、アドラー心理学、ブレインジム、フォーカシング

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
FC2カウンター
おすすめリンク