FC2ブログ
2009-06-24

カンボジアの児童買春問題

なぜか最近、アジアの児童問題に引き寄せられています。

「いくつもの壁にぶつかりながら」を読みました。

いくつもの壁にぶつかりながらいくつもの壁にぶつかりながら
(2009/06/13)
村田 早耶香

商品詳細を見る


すでにある団体を通して貢献するのではなく、ゼロから自分で組織を立ち上げるというのはものすごいエネルギーだといつも思います。
そして最近の社会貢献は寄付だけに頼らず、事業になるのが小気味いい!

この著者のかものはしプロジェクトは寄付にも頼っているけれど、基本的にはカンボジアの人々の稼ぎで自立して運営できるようになっています。

今ある児童買春ではなく、貧しい村の人々が子どもたちを売らなくていいようにするための解決法を考えたところがユニークです。

著者がお世話になった人の言葉として引用しているものに「人生を終えるときに「自分は自分だったか」と聞かれたら、どう答えるか」という問いがありました。

うーん、思いっきり自分だけど、全然自分じゃないことをしていることが一つだけあるな。しかも長期間。早く辞めようっと。

スポンサーサイト



プロフィール

えみえみ

Author:えみえみ
パーソナルコーチ 、研修コーチ
国際コーチ連盟ACC
米国NLP(TM)協会認定NLP(TM)マスタープラクティショナー
モンテッソーリ教育、アドラー心理学、ブレインジム、フォーカシング

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
FC2カウンター
おすすめリンク