FC2ブログ
2009-05-06

「グラン・トリノ」

最初は好ましく観ていた、よくあるお話。

そして・・・許しがたい事件が起こります。

実を言うと、私はあらゆる事件において、犯罪者に共感してしまうことが多い。
その行動を起こすに至るまで辛かったろうな。やってしまった今はさらに辛いだろうな・・・。
そういう人たちが一線を越える前に何かできることがなかっただろうか。
今現在、誰かに対して何かできることがあるのではないだろうか。

でもね、絶対に共感できないし許せない犯罪があります。
それがこの映画の中でなされてしまった。

こいつらは決して救えない。
奴らは確実に同じことを繰り返す。

こいつらだけには死刑を求めます。
それが本人にとっても、また、自分には関係ないと思っているあなたの未来のためにも必要なことです。

最終的に主人公が取った行動は、私に言わせてもらえば甘い、甘すぎる。
クリント・イーストウッドもただの男だった、あたりまえだけど。



スポンサーサイト



プロフィール

えみえみ

Author:えみえみ
パーソナルコーチ 、研修コーチ
国際コーチ連盟ACC
米国NLP(TM)協会認定NLP(TM)マスタープラクティショナー
モンテッソーリ教育、アドラー心理学、ブレインジム、フォーカシング

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
FC2カウンター
おすすめリンク